2011年12月30日

第356回放送:再放送は1月5日(木)14:00

fm2011-12-30.jpg果樹にとっては作柄が良くなかった2011年。今年最後の放送はジューシー談義。ただ、今日はパプヤさんが欠席のため、去年もやった無礼講「仙北の独断言わせて」の放送。今回は「農業」のカテゴリを越えて、仙北が普段から思っている事、言っちゃいます。
 あまりに不甲斐ない民主党、それをあまり批判しないマスコミ。北海道新聞はもっと広い道民の意識を紙面に反映せよ。自分たちのイデオロギーを読者に押し付けるなら、「北海道○○新聞」たとえば北海道平和新聞とかに社名を更新したうえ、勝手に好きなイデオロギーを書けばよかろう。
 インターネットで光通信はもはや主流。立ち遅れている増毛町に光を!
posted by midori at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジューシー果樹談議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

第355回放送:再放送は12月29日(木)14:00

fm2011-12-23.jpg三地区面談の登場です。三地区面談においては、今回で2011年の放送は最後となりますわーい(嬉しい顔)一年間のご愛顧まことにありがとうございました。来年もどうぞ変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いしますぴかぴか(新しい)

 メニューの紹介です。ムロタ編「幌糠綴ムロタ鏡・日本史上最大の獣害事件 三毛別事件跡地を巡る」 センボク編「日本が突き進む恐怖の協定 TPPの悪夢」
以上の二編でした。次週はFM緑の風通信は30日ですわーい(嬉しい顔)本年最後の放送の大トリを務めるのは我らがボスるんるんセンボク氏わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)センボク祭りの開催ですexclamation×2どうぞお楽しみにexclamation×2exclamation×2

2011年12月16日

第354回放送:再放送は12月22日(木)14:00

fm2011-12-16a.jpg今年最後のミセスパワーは、先日札幌で行われた漬物チャンピオン決定戦「T-1グランプリ2011」北海道ブロック大会で個人の部グランプリを得た小平町の近江春枝さんをゲストにお迎えしました。近江さんの出品作は「サラダ風ニシン漬け」。fm2011-12-16b.jpgマヨネーズを付けてもにも合うシャキシャキさわやかニシン漬けです。約200の出品作の中からトップに選ばれました。
 近江さんは家族が飽きないように色々な工夫をしながら、しかも簡単に作れるような「おかず漬物」を実践しており、今回の出品作は、そんな生活の中で食べられていた漬物です。
 来月には全国大会が東京で開かれますが、是非奮起していただきたいものです。
 今回のクッキングは冷蔵庫の中の残っている野菜でつくるスープ。あったまります。
 
posted by midori at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミセスパーワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月16日(金)PM8:00放送

2011年も残すところ半月になってしまいました。
皆さんの一年はいかがでしたかexclamation&question
今年最後の放送は、このたびT-1グランプリ北海道大会でグランプリに輝いた、近江さんをゲストにお招きし美味しい漬物のお話など、お聞きしたいと思いまするんるん

posted by azuma at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

第353回放送:再放送は12月15日(木)14:00

fm2011-12-09.jpg毎年この時期に宅配アルバイトに励んでいたドククッターさんでが、今年は膝の痛みなどで自分からリストラしたようです。
 今年の全国お米コンクールで、小平の三口さんが受賞したのですが、なんとその田んぼはドククッターさんのすぐ隣だったそうで、今年もジダンダ踏んだドククッターさんでした。
 小平町における稲作の歴史は、古い。大椴地区開拓は明治26年だそうですが、その頃、小規模ながらも小平の沢で少しずつ栽培されていたようです。その先人の努力の上に今の稲作があるわけで、現在ではコシヒカリを凌ぐほどのお米作りが南るもいで生産されています。
 ってさんざんお米について話した後、うどんが大好きで三食でもOKど暴露するドククッターさんでした。

2011年12月02日

第352回放送:再放送は12月8日(木)14:00

fm2011-12-02.jpgパプヤさんとM濃園さは、某所でバイト仕事のため体重が軽くなっていくそうで、酒蔵ダイエットだそうです。
 りんごの品種は目くるめく替わっていくのですが、パプヤさんは早生フジと紅玉の苗木を注文したそうです。黄色や青い品種のりんごも珍重されてきましたねー。
 パプヤさんの果樹園には、鹿、キツネ、狸、リス、そして熊の足跡まで発見されていまーす。って、ちょっと熊は要注意だよ。
 先日の結婚式。やっぱり増毛の地元は神前結婚式がいいよね。おごそかに、しめやかに、そして優雅に。これから結婚する方々、地元で式を挙げましょう!
posted by midori at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ジューシー果樹談議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする