2014年02月28日

第469回放送:再放送は3月6日(木)14:00

fm2014-02-28.jpg昨日ふと、うどん食べたくなって旭川に出向いたドククッターさん。マンガ喫茶で時を忘れ今朝方に帰宅。夜食でたべたハンバーグが胸に支えるように残って、はたまた寝不足で、もやもや気分のドククッター。
 そもそも「うどん」の原料である小麦は、国内需給率10%。うどんへの原料小麦はおもにASWと言われる品種でオーストラリアなどから輸入されている。北海道でも最近小麦が転作田として作付けされる様になり、品種改良もなされた。その中で有名なのが「ホクシン」と言う品種。しかし、ホクシンは白すぎる欠点があり、さらなる改良された「きたほなみ」は、クリーミーホワイトでうどん向き。収量も多いし味も良い。
 うどんの奥深さは、ラーメンよりも多様で工夫次第で無限に広がりますなぁ。ガイドブックを車に積んで、うどん食べの旅はまだまだ続きそうなドククッターさんでした。
 でもちょっと待てよ。麦は自分で作っているのだから、製粉してもらえれば、手打ちうどんは自分でもやれる!と、今年一年の目標を原料から作る「自家製うどん」にすえるドククッターさんでした。