2005年05月27日

第13回放送:再放送は6月2日14:00

2005-05-27.jpg今回は増毛町果樹協会青年部の面々。兜謙悟プロデュースによる話題の数々。
 阪口裕二郎さんは新入部員。これまでコンピューター関係の仕事から、果樹仕事をするためにUターン。これからの抱負など伺いました。
 防風林は何故必要か?
 さくらんぼが現在満開に咲いていますが、観光としては見向きもされていませんが、白く奇麗なので何か活用できないか?
 ミツバチを導入していますが、ミツバチの働きはすごい!朝早くから働いて夜にはすべて帰宅するミツバチ達。我々も見習わなくちゃ!
 「もの知りアグリ」は、樹木は何故燃(萌)える?
 終始ウンチクネタだったかも・・・
posted by midori at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 増毛町果樹協会青年部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

第9回放送:再放送は5月5日(木)14:00

2005-04-29.jpg 今回は増毛町果樹協会青年部より、佐藤、仙北(要)、松倉、仙北(清)がお送りしました。
 おすすめ野菜やおすすめトウキビの話題や、ブルーベリーの植え方も紹介。ゴーヤもハウスであれば栽培可能?
 今時期の農作業は、土日曜無しのほんとうに忙しい。世間で連休と大騒ぎのお出かけラッシュですが、農家は地味に畑仕事です。こんな時の歌は「月月火水木金金」!?
 「もの知りあぐり」はブドウの枝を春に切ってはダメ!でした。
 今回は松倉、仙北(要)が初出演のため、大緊張。準備もままならないまま本番突入で、「当たって砕けろ!」的に番組は進行しました。
posted by midori at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 増毛町果樹協会青年部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

第3回放送 3月18日

先週の金曜日のこの時間は「五志道」が担当しましたので、第3回目は私の番で、今日は増毛町果樹協会青年部4名に出演していただきました。 内容は先日行った鹿児島の旅行記となりました。各自、みな緊張していてぎこちなかったですが、私の話しすぎが目立ちました。私があちこちでシャシャリ出てしゃべりを挟んだため、せっかくの青年部の意気込みを削いでしまった感じでした。反省しています。
 多めの人数で放送すると、視聴者の事を忘れて自分達の井戸端会議風になることが多いのですが、今回はそうならないように、BGMを凝ったりしました。また、本来は地元農業情報発信ですが、鹿児島旅行の話がメインでしたので、聞いている方にも情景が浮かぶような放送をしようと思っていました。しかし、それは我々素人には無理な不可能な事でした。
 「もの知りアグリ」のコーナーは、国歌である「君が代」の話。これまで、国歌は曲が暗いし、意味もよくわからないし、なんとかならないものかと私は思っていました。しかし、霧島神宮で偶然「さざれ石」を見て、君が代が意味する詩が理解できた事を紹介しました。日本で国歌は「強制反対」する方も多くおり、戦争の象徴であるかのようなイメージを持っている方も多いと思います。しかし、さざれ石が大きな岩となって、静かに時がすぎていきますようにと言う、平和の歌であったと気づいたのでした。
posted by midori at 20:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 増毛町果樹協会青年部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする